【L92乳酸菌の効果】話題のL92乳酸菌を徹底解説します!

 

L92乳酸菌,効果

 

カルピス社が選び抜いた乳酸菌のひとつ、L92乳酸菌がアレルギーの症状を緩和すると評判です。L92乳酸菌にはどんな効果があるのかを、詳しくお伝えします。

 

 

L92乳酸菌はどんな乳酸菌?

 

今現在発見されている乳酸菌の種類は、400種類もあります。乳酸菌は「糖」を分解して「酸」を作り出す働きをする細菌のこと。400余りある乳酸菌は、より細分化され数え切れない種類の乳酸菌に分類されます。

 

それぞれの乳酸菌には、それぞれの特質があるのですが、まだまだ働きが解明されていない乳酸菌がほとんどです。

 

L92乳酸菌は数ある乳酸菌のうちのひとつ。正式には「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」という名前がついています。カルピス社の長年の研究から、選りすぐった高い効果の期待できる乳酸菌です。

 

数え切れない種類の乳酸菌の中で、L92乳酸菌のように、その効果がはっきりと解明されている乳酸菌は余りありません。その上、ヒト由来の乳酸菌のため、牛乳や一般的な乳酸菌からは取ることができないために、希少な乳酸菌と言えます。

 

カルピス社では、アレルギー科、皮膚科、小児科などとの共同研究からより細かな、L92乳酸菌の解明が進められています。医療機関も認める、L92乳酸菌の働きと効果をお伝えします。

 

 

崩れてしまった免疫バランスを整える効果

 

家族や知り合いを見回すと、何らかのアレルギーを持っている人が少なくないでしょう。現代人の約5割がアレルギーに悩んでいます。

 

アレルギーは誰もが持つ、免疫細胞の働きが上手く働かないことで発症すると言われています。免疫細胞の「Th1細胞」、「Th2細胞」と「Treg細胞」がバランスよく機能することで、異物から身体を守る仕組みが働きます。

 

ストレスや不規則な睡眠、偏った食事なとから、免疫細胞のバランスが崩れることがあります。この状態が長く続くと、体の中で異物をきちんと排除できなくなり、様々なアレルギーとなって表れてきます。症状が悪化すると、異物でないものにまで過剰に反応するようになってしまいます。

 

バランスを崩してしまった、免疫細胞を理想的な形に整える効果がL92乳酸菌にあることがわかっています。実際に、アトピー性皮膚炎や花粉症に悩む人にL92乳酸菌を一定に期間取り続けた人に、症状の緩和が認められています。

 

 

インフルエンザにも効果あり

 

アレルギーに悩む人が、5割もいる中、免疫細胞の働きを整えるだけでも、L92乳酸菌は有用度の高い乳酸菌といえます。しかも、L92乳酸菌には、インフルエンザにかかる割合を下げる効果もあるんです。

 

L92乳酸菌を投与したマウスと生理食塩水を与えたマウスで、インフルエンザの感染を調べた結果があります。インフルエンザウィルスをマウスに感染させて、観察をしました。

 

数日後に、明らかな違いが表れました。L92乳酸菌を投与したマウスとそうでないマウスを比べると、投与したマウスのほうがインフルエンザフィルスの増殖が抑えられ、インフルエンザの症状がかなり軽くすみました。

 

また別の実験結果から、L92乳酸菌には、体の中に入ってきたインフルエンザウイルスを撃退するNK細胞を活性化するだけではなく、ウイルスの侵入を防ぐ手助けをすることもわかっています。