L92乳酸菌とヤクルトを比較【どっちがいい?】

 

L92乳酸菌,ヤクルト

 

乳酸菌配合のヨーグルトやサプリメントを販売しているのは、カルピス社だけではありません。ヤクルトも誰もが知っている乳酸菌飲料です。L92乳酸菌とヤクルトを比べた場合、どちらがいいとかあるのでしょうか。

 

 

体に聞いてみましょう

 

L92乳酸菌が配合されているのは、カルピス社から出ているアレルケア。ヤクルトに配合されている乳酸菌はシロタ株。このふたつを比べると、まずは乳酸菌の種類の違うことがわかります。

 

L92乳酸菌の正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」。ヤクルトに入っている乳酸菌は「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」という名前があります。

 

どちらの乳酸菌も腸の中の環境を整え、体の中から健康を作り出すために、使用されている乳酸菌です。

 

種類の違いこそあれ、腸の中で善玉菌として働き、私たちの体を元気にするために活躍してくれる大切な微生物達です。どっちの乳酸菌がより体にいいかを決めるのは、人それぞれの乳酸菌との相性があるので、断定することは簡単ではありません。

 

実際に飲んでみて、自分の体の調子を見てみるのが、一番わかりやすいと思います。それに、腸の中にいる乳酸菌は、それが善玉菌なら余計に、種類が多いほうが、様々な状況に対応できます。

 

気分や体の声に合わせて、L92乳酸菌とヤクルトを飲むのもひとつの方法です。

 

乳酸菌を摂取することで、腸内環境を整えることももちろん大切ですが、体が喜ぶ食事を意識して食べるなどの工夫も、日常的にしていきましょう。